スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.08.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

単語を覚える方法<ボキャビル> その2

> その1

さーてじゃ、どうやって単語覚えんの?というお話。

一つの未知単語は、およそ10回以上、違う文脈の中で出会わないと定着(長期記憶に保持される)しないらしいです。
つまり、一つの単語集をやりこんでも、それだけでは意味がない。逆に副作用として、(俗にターゲット病)その単語を見ると単語集にのってた意味しか思い浮かばなくなってしまう可能性も。これでは英語を読むことはできません。

英単語と出会う機会は、ざっとこんなかんじだと思う。
・単語集の例文
・単語集の長文(速読速聴シリーズのような文脈で覚えるタイプ)
・参考書の長文(中でも英文読解系の教材で出会った単語は忘れにくい)
・辞書の例文(英英の辞書で調べるといい)
・試験の長文
・語彙の問題集(これは少しマニアックか)
(中級者・受験生の話。上級者はペーパバックやCNNが十八番ですね)

英単語を覚えるにも使いかたを知るという意味で「文脈」は非常に大事。出会いを増やすには、同じレベルの単語集を数冊かってやるのが効果的。
また、長文を丁寧に読み解く作業(精読・英文解釈)を大学受験する方は必ずやると思うのですが、その時出会う単語は定着率が非常に高いです。

日本の単語集の弱点はこの「単語の出会い」が圧倒的に少ないこと。
だから単語を定着させるのには最低2冊併用しないといけない。


一方、具体的に単語集を一冊やる方法はどうするのか。
最も一般的なのは、単語集をまず3〜5つに分割します。
1000個、単語のっている単語集があったら、3つに分けるのがいいかな。
分けた部分(セグメントと言います)ごとに、独立して単語を覚えて最後にまとめて復習します。
なぜこんなことをするのか?
それは短い期間で繰り返した方が単語はすぐに覚えられるからです。
1日○個と決めて単語集を最初から最後までやると、終わった時、最初の方をほとんど忘れててげんなりします。。(だから、単語集なんて意味がないと言われるのだろうが・・)
1つのセグメントを5回以上繰り返すと、英単語を見てすぐに日本語が浮かぶようになる。
それをx3回(何分割するかによる)やれば、短期間で大体の単語は覚えられます。
あとは単語集を端から端までテストするようにして、何回も往復すれば完璧!
(一般的な単語集はっこの方法で毎日やれば、だいたい2、3ヶ月で終わります)
*ポイント セグメントは1日に全て復習できる量にせっていします。毎日同じものを繰り返すのがキモ。


さ〜らに、単語が深く深く脳に刻み込まれる方法があります。
それは五感を刺激すること。
一番手っ取り早いのは「音読」 やるのとやらないのでは雲泥の差。是非CDを利用して、音声が読まれた後すぐ繰り返すようにしましょう!!
(読むということは発音できるということ。発音できない単語は絶対に覚えられない。発音記号は覚えようと思えばすぐ覚えられるので、覚えちゃいましょう)

また「音読」は英語を言うのは当たり前ですが、日本語の訳を英単語を見ながら言うのもいいんです。
これによって何が起こるか?英語を見て、すぐに日本語が思い浮かぶようになります。
(読んで分かる単語を認識語、自分で英語を書いたり話したりする時に使える単語を再生語とかアクティブボキャブラリーとか言います)
この作業はちょうど、単語カードをめくったり、赤シートで隠すのとおんなじこと。

覚えにくい単語はテキストに書込みをします。
例えば、語源。接頭辞や接尾辞を調べて書いてみる。
似たような言葉、つまり類義語を書く。
間違え易い単語(スペルが似てる)を書く。
英英辞書をひいて、英語の定義を書く。
などなど。

*一つ注意
単語を「書く」という訓練があります。ただこれは非効率的すぎる(効果はある)ので止めた方が良いです。


<まとめ>
☆単語集を買ったらやること

単語集を分割する。(セグメントに分ける)

セグメントごとに学習する。

まずは例文を読む。
そして語義欄をみて単語がどういう意味なのかを見る。
例文の訳を見る。単語の使われ方を軽く分析。
見て、理解して終わり。覚えない。
*音読すると効果大

次にまた例文を読む。
語義を見る。訳を見る。
覚えてるかな?って自分を試す。
(これを数回繰り返すと、例文を見て、どういう意味か分かるようになる。)
*発音は覚える。日本語はすぐに分かんなくても気にしない。

英単語だけみて、日本語が思い浮かぶかテストする。
*例文をヒントにしてもよし。

9割くらい思い出せるようになれば次のセグメントに移って同じことをやる。

最後のセグメントが終わったら、単語集全体で英単語をみて日本語を思い出せるように何回もテストを繰り返す。
この作業が最初は1週間かかるかもしれない。
でも最後には一日でできるようになる。そうしたらもうその単語集はおしまい。

☆一冊の単語集が終わったら、
同じレベルの単語集をやる。(作業は5倍くらい楽になり、めちゃくちゃ短期間で一冊を終えることができます。やってみるとメンドクサイどころか楽しい!)
*また、この時文脈型の単語集(速読速聴シリーズ等)をやるとなおよし。

問題集をやる。(Webなどでも、そうしたサイトがあります。)

*色々な場所で出会い、10回以上出会うとその単語は忘れない。


スポンサーサイト

  • 2013.08.11 Sunday
  • -
  • 19:27
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

links

categories

archives

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR