スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.08.11 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Coffee 2

 今、私がしたいことは
高校を辞めて、英語の勉強に専念して、バイトをして、私費留学のお金をためる
ことです。

高校というのはそもそも行かなければいけないところではありません。

義務教育じゃないから?

違います。大抵のひとはそう考えていますが。

高校というのは、まだ働けない人達が行くいわば逃げ道。
しかし、国、社会がその道を推奨しているのも事実です。
高校に行くことで国民の知能レベルが上がるからでしょうか?

多分、上がりはしないでしょうね。

高校で学んだことが将来生きていく上でどれほど重要でないかは多分誰もが知っていることです。将来自分に残るのは高校でなく自分が学んだことだから。
選択の授業で運良く、自分のやりたいことがあるなら幸運です。

でも、本当はそうじゃないことの方が多いと思います。

そうと知っていても多くの人が高校に行く理由は、将来が不安だからです。
将来が不安なのは夢がないから、あったとしてもどうしていいか分からない。
なぜ夢がないか、それは日本という社会そのものが、学生に「小学校、中学校、高校、大学、就職」というルートしか提示していないからではないでしょうか?

日本の社会のそうした方針は、教育機関から親から私たち学生に伝達されそれが常識になっている。

なぜ誰もこの違和感に気付かない?

誰も高校に行かない、あるいは大学に行かないでどう生きていけばいいか知らない。
無数に広がる道があるのに、日本の人々はある一つの道しか見えていない。
高校に行くやつは家の仕事を手伝うとか、大学行かないやつは就職できないとか、そういう先入観はどこから生まれるのだろう?

1億人いれば1億通りの行き方があるはず。
なのに私たちの周りを見渡しても、どこにも高校に行かないで生きていく方法はどこにもない。
学校の図書室には、スポーツ選手だとか警察官だとか、ほとんどの人がならないような仕事のことを薄っぺらく書かれた本はあるけど。

なぜ勉強が嫌いなのにみな高校に行く?
せいぜい、集団生活の怖さ楽しさを学び、いかに勉強をサボるかを学びましたか?
おそらくそうして身につけた群れで生きていくすべを学んできた人は数年後、スーツを来て就職活動に闘志をもやしていることかと。
結局、上にいくために競争する、その流れは一生つづくんだろうな。


もしこの先、自分の夢が見つからなかったらどんな学生であれそうなっていく。

私はこういうふうに考えています。

幸いなことに私には好きなことはあって、夢も何となくあって、そのために死ぬほど努力している。
それがどんなに、学校にいくことより大事なことか!
私には私の生き方があり、世界があり、それを邪魔しているのは紛れもなく学校である!
それならば、私はその鎖を切って一人で生きていきたい。

学校などなくても、一人の個人として自立して生きていくことができるとこの国、社会に訴えたい。
それもまた私のひとつの夢かもしれない。

Now I'm drinking coffee.

 6:20 in the morning.

高校が始まりました。
そして16になりました。
桜も散って、ゴールデンウィークまであとわずか。

今日は久しぶりに時間ができたので更新します。

春休みから生活スタイルを朝方にシフトして、9:30寝て4:30起床していることは前にも書きましたが、高校の忙しい日々とともに身体的にも精神的にももう少し寝たいかなと思ったのが最近の話です。

今、目指しているのは8:30寝て4:30に起きるという生活。
あまりに家族と起きてる時間が違うので朝ごはんと夕飯は自分で用意する必要があります。
夕飯はカレーやスパゲッティを作ってみました。
料理は簡単なんですね。大変なのは何を作るか、どう時間を短縮するか、ここです。
でもやっぱり、自分でやるってのはメンドクサイというよりも楽しいです。


こんなに自分で自分のことを管理するようになったのも、やはり英語を勉強したいから。
英語が好きです。自分の好きなことは誰にも邪魔されず、一日中、365日やりたいものです。
しかし、私もそしてこの国に住む全ての人が一つの人権を有する限り、好きなことを好きなだけするには、何かを犠牲にしないといけないのだと;
英語を理想的に勉強するには、やはり義務教育ではない高校を止めなければいけない。
留学をするにはバイトもしなければいけない。
これらの犠牲に対して、英語というものが私に何をくれるのかは分かりませんが。

英語を使って何がしたいのと、よく聞かれますが。
私自身、それで受験期から悩まされているのです。

なぜ留学したいのかと聞かれれば。
内心、この閉塞感充満する日本を脱したい。そして家族があまり好きではない。
そう思いつつも、周りには流れに合わせて「異文化を学び、国際人として様々な人々と交流を深め・・」などと言っておく。

つまり、私は受験、学校、家族、日本から逃げたい一心で英語を勉強してきたということです。


しかし、やはりどこかでニュージーランドの2週間や英語を勉強して間もないときの心はまだ萌え続けていて、それらがどこかで均衡をたもっているんだと思います。

中級レベルの教材へ

 最近ホント天気悪いと思う。

サクラ散るの早いよ



さて、春の特訓も残すところわずかなのでペースアップしてやっています。
思えば、高校受験レベル(てゆうか、受験とかもはや遠い過去)から始めたのに、一瞬で高校レベルに、、もちろん文法と語彙だけの話ですけど。

SUPERSTEPと必修英文法問題精講は終わりました。
これで、高校の基礎はできたかなという気がします。
「文法は短期間でいくらでものびる」
英語上達完全マップの言ってた通りでした。

ボキャビルも結構順調です。
キクタンは時間をかけてやっているのですが、今は5000語レベルの単語を覚えています。つまり、WEEK1~7まで。
実はWEEK8~10はこの特訓ではやらない予定です。
大学受験レベルでおさえておくべき単語は5000語レベルなので、とりあえずここまでのところをしっかりやりたいと思ってます。


ま、そんなかんじで今は中級者に昇格したかも知れない。
では中級者は何をすればいいんだ??
色々調べた結果、
・文法はさらに高度なものを学び、「文法」はもうこの段階で終了する。
・精読をやって、読解力につなげていく。
・ボキャビルはTOEICに必要な語彙力、8000語レベルに到達する。
・そこで得た読解力&語彙力を活かして、多読をスタート。
以上のことをやると中級者として十分な力がついたと言えるようです。
もはや東大とか目じゃないんですね。
TOEIC満点・・・とは言えないが、、800点以上を目指していくかんじかな?

そして、この指針の一つ目、「文法」をブラシュアップするためにこんな教材を選びました。

ALL IN ONEは単語集とリスニング教材と・・忘れてたけど色んな勉強がこれひとつでできるようになっている文法の教材です。

ENGLISH EXは試験対策でない中級〜上級レベルの文法のブラシュアップを目指した本です。

多分この二つで文法の勉強は終わると思います。
4ヶ月くらいで仕上げたい。

ALL IN ONEは文法事項を例文のような1文でなく、20〜30語の短いセンテンスでまとめているのが気に入りました。そうした形ででてくると、参考書で覚えた固まった知識が溶けて体の血となっていくのがわかります。

構成はこんなかんじ

まず英文を読みます。
次に訳をみるんですが、なんと2つの訳が用意されていて、1つ目は英語の語順のまま日本語に置き換えたようなもの。
もう一つは意訳されたもの。

そして使われている単語を確認。
わからないものにはチェックをつける。
この時、1つ目の訳を見るとその単語がどういう使われ方をしているのかわかりやすい。

使われている文法事項の解説を読む。
文脈からなんとなく意味はわかるんだけど、ここで解説を読むと文法の力が体系的にみにつく。結構、工夫が随所にみられます。

なんだか今やっている音読の訓練と手順が似ている。

1日5〜7ページ進めて、あとは音読を繰り返す。
私ははじめからネイティブスピードで聞いて、同じように音読してみる、という作業を7回くらい繰り返しています。ここで音読訓練の成果がでて嬉しい。

ネイティブのスピードで聴く、理解する、発声する。
このステップで文法が自分の中に入ってきます。

さらに定着度をあげるために、ENGLISH EXで学習した文法事項を問題を解きます。
この時にも、設問の文章を1文しっかり書いていきます。
問題の正誤よりも、こうした作業の方が重要。


精読も開始したのですが、これはまた後日書くことにします。



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

links

categories

archives

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR